イップス:ボールを投げると地面に叩きつけてしまう

イップス(Yips)は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のことである。本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。(ウィキペディアより)

高校球児のピッチャーです。
打者が入ると地面にボールをたたきつけてしまう。

キャッチボールにピッチング練習ではボールを地面にたたきつける事はない。

投げると肩に若干の痛みや違和感はあるが練習は出来る状態。

経験した事がないと本当にそんなことあるの?と疑ってしまうかもしれませんね。

施術は、打者が入った時の脳の誤作動を発見し調整を何度か繰り返すことで打者に対して投げれるようになりました。

投げる動作での違和感や痛みも軽減中ですが、今後も継続して施術をしていきます。

ありがとうございます。