カテゴリー別アーカイブ: 膝痛

膝の痛み(変形性膝関節症)

変形性膝関節症

頭痛、膝痛70代後半の女性の方です。

1年半位前から通って頂いています。

今は月に1回通われています。

来院時は、頭痛を何とかしたくて来院されました。

頭痛がよくなると膝の痛みも何とかしたいと言うので施術を続けて行いました。

自転車を漕ぐとき左膝が曲がらず片足で漕いでいました。

階段の上り下り、座って立つ時など動作時、歩く時に痛みがありました。

現在は、自転車も両足で漕げるようになったり、階段の上り下りで痛みがなくなっています。じっとしていた後立ち上がる時に痛みが少し出るようですが動くとすぐに良くなります。歩く時に違和感や痛みが時々ありますが大した事がないようです。

ご自分で早朝、午前午後と一日に何度も外に出て歩いたり自転車に乗ったり、家の中でもよく動いているようです。

 

そんな中、昨日来院され。

「先生、先生の言うとおり精神的な事でも痛みが出る事がよくわかったわ。症状は全部自分の中の問題が原因だったのね。今まで周りの人のせいにしてきたけど違うのね。腑に落ちたわ。このまえ長年の問題が解決したらふっと腹の力が抜けてまた楽になったわ!」

と言われました。

非常に晴れやかな笑顔でした!

症例:腰痛

腰痛

60代男性運送業の方です。

最初に来院された時は、仕事中、中腰で荷物を持ち上げようとした時に左腰に激痛を感じ来院されました。

下を向くと痛い。姿勢をよくしても痛い。何もしなくても鈍痛。寝て起きるのが痛くて大変。

動いた時の痛み(鋭い痛み)の自己評価:8/10

じっとしている時の痛み( 鈍痛)の自己評価:3/10

今までに何度も急性腰痛を経験。いつもは自然と治っていたが当時治らず悪化し続けているため来院。

 

その他の症状としては、

・過去に事故で何度か骨折し手術。それ以来、慢性的に肩にコリや痛み

・アレルギー:花粉症、アルコールで蕁麻疹、ハウスダスト

・10年以上前から高血圧で薬を服用し始め6年前位から糖尿病が発症し薬を服用

 

 

検査・施術

●トリガーポイントは、左腰方形筋、左中殿筋、左大殿筋、右中殿筋、右大殿筋、外側広筋、腓骨筋などにあり。一つの筋肉に複数のトリガーポイント

症状が緩和していくとトリガーポイントも少なくなっていきました。

トリガーポイント中殿筋

中殿筋のトリガーポイント

トリガーポイント小殿筋

小殿筋トリガーポイント

 

●大中殿筋、梨状筋、大腿筋膜張筋、腰方形筋、腸腰筋、腹筋群など筋肉の弱化

筋の弱化は、比較的早く改善されあまりぶり返さない傾向です。

●アクティベータの検査で複数の神経系の乱れ

ここはまだメンテナンスが必要です。

●脳の誤作動

以前は思い出している最中によく腰が痛くなっていました。

痛みは楽にりましたが、脳の誤作動調整はまだ必要です。

●症状が移動

左腰⇒左膝⇒左下肢のしびれ⇒右の殿部⇒肩の症状

次から次へと症状が移動しました。慢性症状の特徴です。

●内臓の緊張

腹部臓器全体に緊張感がありました。特に肝臓、膵臓あたりが一番緊張していました。

アルコールを飲むと蕁麻疹が出たり、糖尿なのと臓器の緊張でも腰痛と関連する事があるので内臓にも施術を行いました。

柔らかくなり体重も減りお腹がスッキリしてきました。

●施術方法は、アクティベータメソッド心身条件反射療法・その他手技療法を行いました。

 

施術回数

最初は、3日間連続で60分の施術をし鋭い痛みは軽減し日常の生活は少しづつ楽になりました。

仕事柄重い荷物を持つ為、痛みを感じる事が多く急激な改善が見られなかった事と症状が膝や下肢のしびれに移動したので1週間に1回60分の施術を12回ほど行いました。

その後、症状が緩和したので2週間に1回60分の施術を13回行い現在は、重いものを持っても平気です。

施術を始めて1年半経ちました。今は、メンテナンスで1ヶ月に1回60分の施術を行っています。

体への施術が3~4割、脳の誤作動系の施術が6~7割位の割合で施術しています。

 

考察

重い荷物を持つ時に考えていた事も痛みの原因でしたが、普段からの色々な思考も交感神経を興奮させ全身の筋肉を緊張させていました。

痛みが長引いてしまったのは、様々な不安感が原因だったと考えられます。

肩に症状が移動しているのは、他にも脳の誤作動の調整が必要です。

何か夢中になれる事や生き甲斐、スポーツなどをするようになるともっと良いと思います。