カテゴリー別アーカイブ: 下肢痛

夫婦関係の悪化は様々な慢性症状と関係する

夫婦関係の悪化は様々な症状と関係?!


施術を通して夫婦間の問題で痛みに関係している事がよくあります。中には精神的にもかなり深刻なケースも少なくありません。

「あんな人だと思わなかった。絶対許せない」

「ぜったいしてあげない 」

「気持ち悪い」「一緒に居たくない」

などなどから

「愛し合って結婚したはずなのに何でこうなってしまったんだろう・・・・。」

「昔は、幸せだったのに・・・・」

「結婚して夫と子供と幸せな暮らしをするはずだったのに何でこんな事になったんだろう・・・・」

「あの優しい妻はどこへ行ってしまったのか・・・・」

「あの頃の2人に戻りたい・・・・」

などなど

思い描いていた理想からかけ離れてしまっている事をよくお聞きします。

色々な方の検査をしていると特に出産後から夫婦の関係性がおかしくなり慢性的に症状を抱える方が多くみられます。

相手への不平不満、怒りなどは、脳の誤作動になっていますが、友人知人、親兄弟などに話しても症状はあまり良くならないと思います。

症状を軽減改善させていくには、体の調整以外にも自分側の無意識の思考や感情などの誤作動の修正を行う必要があります。そして、自分が変化する事で夫婦間にも変化が現れる事があります。

 


結婚して15年、翌年に出産されそれを機に夫婦仲が悪化し腰痛も始まり、約10年前から来院されている方がいます。

毎日のように症状を抱えていますが、我慢できなくなると来院されます。

近年は、症状が色々な部位へ移動し徐々に悪化し、今年に入り定期的に来院されるようになりました。

いつも避けていたパートナーに対しての自分自身の深い部分に気付き色々な事が症状と関連している事がわかりました。

そして、ある気付きを得てから急激に相手に対しての思いが変わっていきました。そして、症状もです。


相手を恨む事に毎日毎日何十年も思い続ける事は、自分自身の心と体を苦しめているだけではありません。子供達をも苦しめている事があります。

私自身、結婚前に慢性腰痛は治まりましたが、子供ができてから様々な症状が発症しました。仕事のストレスも大いに症状に関係しますが、夫婦間の事はそれ以上に関係しました。

施術で色々な方の夫婦間の問題を診させてもらったり、私達も施術を受けることで様々な事を切り抜けてきました(油断禁物なので今も自分を観る事は続けています)。

我が家は自営業なので妻と一日に一緒に過ごす時間はかなり長くなります。容赦なく誤作動が起こっていました(笑)。

色々な方の施術をさせてもらったり、自分自身の事で身にしみてわかった事、それは、

私達は「自作自演」で苦しんでいる事です。

自分自身や相手への様々な気付きや自分自身が変化していくことで症状だけでなく悪化している夫婦関係の回復の可能性が十分にある事がわかりました。

下の記事、是非読んで下さい!

感動モノです!泣けてきます!ツイッターで大反響があったのがよくわかります。(朝日新聞2018年3月9日付朝刊投書から)

いつか迎える最期の日、今から大切な時間を過ごしたいですね!

腰痛:エイリアンが生まれる・・・!

足立の整体 瀬田カイロプラクティック院 瀬田です。

慢性腰痛の方です。

「エ、エイリアンが、う、生まれる!!!」

と施術中、急に叫ばれました!

脳の誤作動の施術中、色々と考えてもらっていると急に大腿の内転筋群がつり叫ばれました。

調整すると治まったのですが、また違う事を考えてもらっていると

「エ、エイリアンがまた・・・・」

生まれそうになり同じ部位がつりました。

無事調整できこの日は、エイリアンは生まれませんでした。

次回は、生まれるのか・・・・。

Yさん、相当ビックリしてました!

私は、楽しんで施術ができました(笑)

脊柱管狭窄症

足立区の整体 瀬田カイロプラクティック院 瀬田です。

70代女性の方です。整形外科で検査した結果

「脊柱管狭窄症」と診断され来院されました。

脊柱管狭窄症とは

この病気では長い距離を続けて歩くことができません。
もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、すこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

原因と病態

加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管が狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間歇性跛行が起こるのです。

日本整形外科学会

整形外科を始めかなり沢山の接骨院、整体院など行かれたようです。

どんどん歩けなくなり来院された時は10メートル位すると臀部から足にかけて痛みが出て歩けなくなり、休むとまた歩けるを繰り返している状態です。自転車を杖代わりにするとほんの少しだけ距離を歩けるようです。


施術

初回は、アクティベータ療法と小殿筋にトリガーポイントがあったので施術しました。(トリガーポイントについては知りたい方はこちらをクリックし参照下さい)

トリガーポイント小殿筋

小殿筋トリガーポイント

歩くとこの上の図の赤い部分と同じところが痛くなっていました。

そして、トリガーポイントと脊柱管狭窄症に対するお話をさせて頂きました。

「脊柱管狭窄症」や「椎間板ヘルニア」「変形性脊椎症」「椎間板変性」などについて書かれている本を勧めた所、興味があるようでお貸しました。

4日後、2回目来院されました。

「1時間歩けるようになった」と喜ばれていました。

3回目、1週間後に来院されました。

2時間歩いても痛くなかったそうです。

「今までの痛みなんだったんだろう・・・」と言われていました。


考察

来院時、歩けなくなり寝たきりになる不安、人生に対する絶望感が強かったですが、本をしっかり読まれてホッとしてたそうです。そして、自分の症状は、「筋肉が硬くなっているだけね」と納得したようです。

少しずつ思い切って歩いてみたら痛みがでない・・・。そして、また歩いたら痛みが出ない・・・。徐々に自信を得て数日で1時間2時間と歩けるようになったそうです。

施術と言うよりも安心することで痛みがなくなった感じです。

高齢化社会になり「脊柱管狭窄症ブーム」になっている気がします。

「脊柱管狭窄症」や「椎間板ヘルニア」「変形性脊椎症」「椎間板変性」などの症状でお悩みの方は、加茂整形外科の加茂先生のHPをオススメします。

 

当院で行った施術

アクティベータメソッド

心身条件反射療法

膝の痛み(変形性膝関節症)

変形性膝関節症

頭痛、膝痛70代後半の女性の方です。

1年半位前から通って頂いています。

今は月に1回通われています。

来院時は、頭痛を何とかしたくて来院されました。

頭痛がよくなると膝の痛みも何とかしたいと言うので施術を続けて行いました。

自転車を漕ぐとき左膝が曲がらず片足で漕いでいました。

階段の上り下り、座って立つ時など動作時、歩く時に痛みがありました。

現在は、自転車も両足で漕げるようになったり、階段の上り下りで痛みがなくなっています。じっとしていた後立ち上がる時に痛みが少し出るようですが動くとすぐに良くなります。歩く時に違和感や痛みが時々ありますが大した事がないようです。

ご自分で早朝、午前午後と一日に何度も外に出て歩いたり自転車に乗ったり、家の中でもよく動いているようです。

 

そんな中、昨日来院され。

「先生、先生の言うとおり精神的な事でも痛みが出る事がよくわかったわ。症状は全部自分の中の問題が原因だったのね。今まで周りの人のせいにしてきたけど違うのね。腑に落ちたわ。このまえ長年の問題が解決したらふっと腹の力が抜けてまた楽になったわ!」

と言われました。

非常に晴れやかな笑顔でした!

症例:腰痛

腰痛

60代男性運送業の方です。

最初に来院された時は、仕事中、中腰で荷物を持ち上げようとした時に左腰に激痛を感じ来院されました。

下を向くと痛い。姿勢をよくしても痛い。何もしなくても鈍痛。寝て起きるのが痛くて大変。

動いた時の痛み(鋭い痛み)の自己評価:8/10

じっとしている時の痛み( 鈍痛)の自己評価:3/10

今までに何度も急性腰痛を経験。いつもは自然と治っていたが当時治らず悪化し続けているため来院。

 

その他の症状としては、

・過去に事故で何度か骨折し手術。それ以来、慢性的に肩にコリや痛み

・アレルギー:花粉症、アルコールで蕁麻疹、ハウスダスト

・10年以上前から高血圧で薬を服用し始め6年前位から糖尿病が発症し薬を服用

 

 

検査・施術

●トリガーポイントは、左腰方形筋、左中殿筋、左大殿筋、右中殿筋、右大殿筋、外側広筋、腓骨筋などにあり。一つの筋肉に複数のトリガーポイント

症状が緩和していくとトリガーポイントも少なくなっていきました。

トリガーポイント中殿筋

中殿筋のトリガーポイント

トリガーポイント小殿筋

小殿筋トリガーポイント

 

●大中殿筋、梨状筋、大腿筋膜張筋、腰方形筋、腸腰筋、腹筋群など筋肉の弱化

筋の弱化は、比較的早く改善されあまりぶり返さない傾向です。

●アクティベータの検査で複数の神経系の乱れ

ここはまだメンテナンスが必要です。

●脳の誤作動

以前は思い出している最中によく腰が痛くなっていました。

痛みは楽にりましたが、脳の誤作動調整はまだ必要です。

●症状が移動

左腰⇒左膝⇒左下肢のしびれ⇒右の殿部⇒肩の症状

次から次へと症状が移動しました。慢性症状の特徴です。

●内臓の緊張

腹部臓器全体に緊張感がありました。特に肝臓、膵臓あたりが一番緊張していました。

アルコールを飲むと蕁麻疹が出たり、糖尿なのと臓器の緊張でも腰痛と関連する事があるので内臓にも施術を行いました。

柔らかくなり体重も減りお腹がスッキリしてきました。

●施術方法は、アクティベータメソッド心身条件反射療法・その他手技療法を行いました。

 

施術回数

最初は、3日間連続で60分の施術をし鋭い痛みは軽減し日常の生活は少しづつ楽になりました。

仕事柄重い荷物を持つ為、痛みを感じる事が多く急激な改善が見られなかった事と症状が膝や下肢のしびれに移動したので1週間に1回60分の施術を12回ほど行いました。

その後、症状が緩和したので2週間に1回60分の施術を13回行い現在は、重いものを持っても平気です。

施術を始めて1年半経ちました。今は、メンテナンスで1ヶ月に1回60分の施術を行っています。

体への施術が3~4割、脳の誤作動系の施術が6~7割位の割合で施術しています。

 

考察

重い荷物を持つ時に考えていた事も痛みの原因でしたが、普段からの色々な思考も交感神経を興奮させ全身の筋肉を緊張させていました。

痛みが長引いてしまったのは、様々な不安感が原因だったと考えられます。

肩に症状が移動しているのは、他にも脳の誤作動の調整が必要です。

何か夢中になれる事や生き甲斐、スポーツなどをするようになるともっと良いと思います。

 

考えたら腕に痛みが出た

頸部の後縦靭帯骨化症、椎間板ヘルニア

と診断され腕や足に痛みが出る方を継続的に施術をさせてもらっている方がいます。

最近は、腕の症状を強く訴える事はありませんでした。それよりも耳鳴りなど他の部位に症状を訴えていました。

いつも脳の誤作動の施術をしていますが、今回は、考えている最中に腕に痛みが出ました。それも強烈な痛みだったようです。

ご本人も初体験で驚いていました。

後縦靭帯骨化症、椎間板ヘルニアで痛みが出ていない事を改めて痛感したと思います。と同時に後縦靭帯骨化症、椎間板ヘルニアに対して気が楽になったと思います。

内容的にも何となく普段から気にはしていたが目を反らしていた部分ででもとても重要なことでした。

この部分を深く深く何度も認知していければ症状だけでなく人間関係にも変化が現れると思います。

思い出していたら違う部位が痛くなった

ふとした動きで股関節~大腿部に痛みを感じる方です。

施術中、心身条件反射療法で考えてもらっていると急に腰の痛みを訴えました。「本当に考えたことで痛くなるんですね」とビックリした様子です。それも違う部位がです。

以前から体調が悪くなると当院へ通院されていましたが今回初めて考えたことで痛みを感じていました。

確かに初めてだとビックリするかもしれませんね。それも違う部位が痛くなったのだから相当驚いたと思います。

患者さん側からして見れば嫌な事かも知れませんが、私としては、原因である考え記憶が特定できる反応なので施術しやすいです。

今後、同じことを考えても症状が出ないようになれば症状改善に一歩前進です。

その後、主訴である股関節~大腿部に対してアクティベータ療法を行いました。

 

空気が澄んでいて気持ちが良いです!

後縦靭帯骨化症手術すべきかどうか?

40代のサラリーマンの方で頚椎の後縦靭帯骨化症と診断された方が来院されました。

後縦靭帯骨化症・黄色靭帯骨化症とは

この病気になると背骨の動きが悪くなり、体が硬い、背すじにこりや痛みを生じることがあります。しかし、このような症状は病気でなくても起こりますので、この症状だけでは病気かどうかの判断はできません。
注意が必要な症状は、神経(主に脊髄)が圧迫され神経の働きが低下して起こる、以下の脊髄症状です。

後縦靭帯骨化症で頚椎の脊髄が圧迫されると、手足のしびれ感(ビリビリ、ジンジンしたり感覚が鈍くなる)や手指の細かい運動がぎこちなくなり、しづらくなります(箸がうまく使えない、ボタンの掛け外しがうまくできない)。ほかにも、足がつっぱってつまづきやすい、階段を上り下りがこわくて困難などの歩行障害も出現してきます。

黄色靭帯骨化症でも同様の症状が出現しますが、骨化してくる部位が胸椎に多いので、その場合は足の症状だけで手の症状は出現してきません。

日本整形外科学会HPより抜粋

上の説明からも後縦靭帯骨化症で神経が圧迫された時に出る症状は、痛みでない事がわかります。

 

手術をするかどうか迷っています。

何軒かの病院では今の所、手術は必要ない。

何軒かの病院では、手術を勧められたようです。

私の立場で手術をした方が良いとかしない方がよいとか言える立場ではありませんが

この方は、感覚麻痺も強くなく、運動麻痺もない。痛みはある時とない時があり、仕事もでき、日常生活は送れているようなので緊急の手術の必要性は感じられませんでした。

私が○○さんの立場なら今の所、手術はしないと思います。

今日は、約21キロ走りました。

骨や軟骨の変形や椎間板は、本当に痛みの原因なのか?

骨や軟骨の変形や椎間板は、本当に痛みの原因なのか?


お医者さんやお友達から

「その膝の痛みは、軟骨が変形してすり減っているから痛いんだよ(変形性膝関節症)」

「椎間板が神経を圧迫しているから痛いんだよ(頚椎、腰痛椎間板ヘルニア)」

などと診断され色々な治療を行っているがなかなか治らずに困っている方は多いです。

 

変形が痛みの原因なら変形しっぱなしなのだから絶えず24時間ずーっと痛くないとおかしくありませんか。

もしご自分の症状が

●痛い日と痛くない日がある

●痛い時間帯や痛くない時間帯などがある

●同じ動作でも痛みある時と楽な時がある

その痛みは、「変形が痛みの原因」では説明がつきません。

 

骨や軟骨、椎間板の変形が気になる方は

加茂整形外科

腰痛治療最前線ーTMSジャパン公式ブログ

のホームページオススメです!

 

今日は17キロ位走りました。

気持ち良かったです。

 

屈伸すると膝が痛い

膝痛


会社員の方が右膝の痛みで来院されました。

膝の痛みは、正座など曲げる時とそこから伸ばす時に痛みが出ます。また、同じ姿勢でじっとしていた後、動かし始めに痛みが出ます。

ちょうど膝のお皿(膝蓋骨)の下あたりです。

アクティベータ療法(カイロプラクティックテクニック)を行っていると右足を上に組んで椅子に座っているような状態で筋肉が硬くなっているのがわかりお伝えすると横から奥様が部署を移動してから痛みが出た事をお話されました。

すると途端にご主人の体に誤作動反応が出ました。

その後、検査すると足を組んで座って仕事をしている時の色々な思考や感情で誤作動反応が出ました。

部署移動も大変ですね。

施術後、痛みも軽減していました。

継続して施術していきます。

 

 

今日は、約12キロ走りました。