症例:肩腕の痛み⑤(四十肩・五十肩・肩関節周囲炎)

今日は肩腕の痛み5人目の方です。

40代OLさん。半年前から右腕肩の痛み。

動かしてもじっとしていても痛い。

何かの拍子でズキっと痛み。寝ていても痛くて目が覚める。

痛みの自己評価レベルは、6~8/10

日によって多少痛みの強さが違うようです。

徐々に悪化しています。

腕の動く範囲はかなり少なくなっています。

腕を万歳すると水平より少し上がる位で止まります。それ以上は痛いのと筋肉や関節が固まって動かない状態です。

腕を外から上に向かってあげていく動きも水平まで行きません。それ以上挙げげようとすると肩が持ち上がりますし痛みが出ます。

腕を背中にまわす動作も頑張って腰に手が届く程度で背中までは程遠いです。

その他の動きもほぼ制限されています。

今回紹介した5人の中でも一番動きが制限されています。

 

アクティベータ療法心身条件反射療法をメインで行いました。

60分の施術を週1回6カ月行いました。

仕事中や朝起きた時のじっとしていても痛くなる痛みが4ヶ月位すると少なくなりました。

可動範囲も少しづつ増えました。

脳の誤作動の施術で仕事でのストレスや長年、無意識に抱えていた色々な事が関係していました。それらを発見し調整していくと何となく精神的にも楽になったようです。

そして、今まで止めていた趣味の運動にも気持ちが向き始め少しづつ行うようになるとさらに良くなっていきました。

施術は脳の誤作動が7割、体への施術が3割位の割合で行いました。

最初に来られた時とは別人で仕事に行くのも楽しくなったり、運動を楽しめたり、元気で明るく活発な姿がとても印象的でした。

 

今回で5回連続で腕肩の症例を書かせて頂きました。

いかがでしたか?

同じような症状でも施術回数や施術方法、良くなっていく期間は様々です。

私も施術をしてみないと分かりません。

人は変化し続けます。

難しいですが、今の自分に必要だと思われる施術をその時その時受けて欲しいです。

 

肩腕の痛み①

肩腕の痛み②

肩腕の痛み③

肩腕の痛み④

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です