足立区の整体 瀬田カイロプラクティック院 ブログ

犬恐怖症

先日書いたサッカー少年は恐怖が痛みと関連していましたが、実は以前、私自身「犬恐怖症」でした。

犬に遭遇すると体が凍りつき心臓はバクバク、手のひらには汗がにじみ、噛まれるのではとビクついていました。

すると大抵吠えられます。

きっかけは小学生の時、狭いT字の道路で犬にばったり出会い吠えられながら追いかけられ転びました。
そして、2度目も同じ場所で追いかけられ転びました。

その後、知らないうちに犬が恐くなっていました。

30代の時にセミナーで犬恐怖症に対して軽い気持ちで施術を受けました。

その後、自分で数回施術を行いました。

すると知らないうちに犬に遭遇しても吠えられなくなり恐怖心が薄れている事に気付きました。

以前ほど怖くなくなっていたのです。正直驚きました。

体のこわばり心臓のバクバクなど症状や噛まれるかもといった恐怖心が薄らいでいるのです。

今では少しだけ触れるようになりました。

子供達は犬を飼いたいと言います。

子犬から飼えば飼えそうな気もしますが・・・。

犬の世話をさせられるのは目に見えているので

いまだに犬が苦手な事になっています(笑)。

ナイスなバッティングだけど・・・

ソフトボールの試合がありました。

チーム全員ほとんどがナイスな当たりをするのですが守備の真正面・・・。

5回まで行いましたが、2打席しか回ってきませんでした。

チームメイトからいい所に当たっているからこそ守備の定位置に行くんだからしょうがないと言われましたが、こういうときって何かスッキリしませんね。

打った時の感覚は良いのにでもアウト・・・。

今日も連敗は止まりませんでした。次回こそは・・・。

その後、地域のビーチボールバレー大会に参加中の子供達に合流。

子供達は、練習もしていないのに昨年より少し上手になっていてビックリです!

さらに試合中にまた少し上手になっていくのを見て自分の歳を感じました。

若いっていいですね!うらやまし~い。

ありがとうございます。

恐怖症:サッカーの練習中走ると膝が痛くなる

小学生のサッカー少年です。

サッカーの練習や試合で走るとすぐに膝が痛くなる。

体育の授業や友達と遊ぶ時は痛みはない。

何軒かの病院で、オスグット、成長痛などと診断されリハビリも行っていたようです。

大腿四頭筋には張りがあり脛骨粗面には多少の隆起は認められますが圧痛はない状態です。

当院の前でも走ってもらいましたが、かばうもなく様子もなく素早く走っていました。

脳の誤作動を調べていくと今までの沢山の接触プレーで痛い思いをしたことが積み重なりプレーする事が怖くなっていました。またそれら以外にも関連する事を調整していくとプレー中の痛みは治まりました。

夢中になって楽しかった頃のようにプレーして欲しいですね。

ありがとうございます。

イップス:ボールを投げると地面に叩きつけてしまう

イップス(Yips)は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のことである。本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。(ウィキペディアより)

高校球児のピッチャーです。
打者が入ると地面にボールをたたきつけてしまう。

キャッチボールにピッチング練習ではボールを地面にたたきつける事はない。

投げると肩に若干の痛みや違和感はあるが練習は出来る状態。

経験した事がないと本当にそんなことあるの?と疑ってしまうかもしれませんね。

施術は、打者が入った時の脳の誤作動を発見し調整を何度か繰り返すことで打者に対して投げれるようになりました。

投げる動作での違和感や痛みも軽減中ですが、今後も継続して施術をしていきます。

ありがとうございます。

リンゴパウンドケーキ

昨夜リンゴがダメになりかけていたのがあったのでクックパッドで調べてリンゴのパウンドケーキを作ってみました。

わかりやすく簡単に書いてあるので私にも出来ます。

妻や子供達が喜んで食べてくれる姿が嬉しいですね。

リンゴとシナモンの相性は抜群です!

ありがとうございます。

看板製作

以前作った外看板が壊れてしまったので新しいのを作ってみました。

日数がかかってしまいましたが
ひたすらヤスリをかけたり、色を塗ったりしている事に没頭していると気持ちが良かったです。

五感脳(視覚、聴覚、身体感覚、味覚、嗅覚)を使って思考脳を休めているからかもしれませんね。

ありがとうございます。

植え替え

以前患者さんに植えてもらった玄関先の鉢がぼうぼうになってしまったので妻に植え替えてもらいました。
左奥の丈が長い草がいい臭いするんですよね。

今は寂しいですけどこれからどう咲いていくのか楽しみです!

ソフトボール観戦

今日、初めて家族みんなでソフトボールの観戦に行きました。
場所は埼玉県川口市の青木町公園総合運動場内にある野球場です。我が家から車で30分位の距離です。
子供達は飽きるのではと心配しましたが思いのほか楽しんで観てくれました。

試合は
日立 サンディーバ vs Honda Reverta
戸田中央総合病院 Medics vs シオノギ製薬 ポポンギャルズ
の2試合が行われました。

午前中、自分のソフトボールの試合だったので1試合目の6回途中からの観戦です。

2試合目、最終回まさかの展開・・・興奮しました。
最終回表、一点差で負けているポポンギャルズは二死満塁まで粘って何とかたどり着きました。
ここで代打の打者が登場、何とわずか2球で2ストライクと追い込まれピッチャ-有利の場面で大ピンチ
そして、3球目を空振りで試合終了かと思われましたが、バッターがスイングを何とか何とか止めてボールで命拾い。
この時ピッチャーも振ったのではと猛アピール。
そして、4球目、何と何とライト前にヒットを放ち2人かえって逆転。
そのまま逃げ切ってポポンギャルズの勝利!

地元開催で応援も多かったMedicsは勝てず観客席には残念感が。。。

今日のMVPの選手のご両親らしき人達が私達の後ろに座っていて、お父様は娘さんに涙を流しながら大声をかけていました。

色々な思いが交差し興奮に包まれているなか球場を後にできました。

試合展開も面白く選手の鋭い動きやピッチャーの剛速球は草ソフトボールとは大違い。当たり前ですよね(笑)。
今日の試合は、満喫できました。

また、ソフトボール観戦行ってみたいですね。

ありがとうございます。

自己矛盾:「過ぎた事にくよくよすべきではない」というルール

自己矛盾は様々な症状と関連する

私達は、様々な経験から無意識に作り上げた自らのルールを自らが破ってしまっている事に気がつかない事があります。この様な自己矛盾は色々な症状に関係しているのが検査を通じてわかります。

実際の例ですが

パートナーから「過ぎた事をいつまでもくよくよするな」と何度も叱られることで

「過ぎた事をいつまでもくよくよしてはいけない」と無意識にルールが出来上がり

自分の子供が、過ぎた事にいつまでもくよくよしていると叱る

しかし、自分も気づかぬうちに過ぎた事にくよくよしている

無意識に出来あがった「過ぎた事をいつまでもくよくよするな」というルールを自ら破っている

自己矛盾ですね。

他にもありますが

●他人から陰口をたたかれ嫌な思いをすると「人の悪口は言うべきではない」というルールが自然に出来ます。

しかし、自分も自然と他人の悪口を言っている

●約束は守らなくてはいけないというルールがあり

自分でも気づかぬうちに約束を破ってる

などなどその他多数

施術では、様々な自己矛盾に気がつくいていく事が大事になります。

ありがとうございます。

 

慢性症状専門の整体院