内因:七情

足立区の整体 瀬田カイロプラクティック院 瀬田です。

東洋医学では

 

 

 

東洋医学では

人が健康であるという事は、陰陽、気血、臓腑、経絡などの調和がうまくとれた状態で、しかも一定範囲でその状態が維持できていると考えられている。そして、その均衡が破れ、ある一線を越えて自然に元の健康状態に復元出来ない状態に陥る事を疾病と考えている。

その状態に推し進めている原因として外因、内因、不内外因がある。

外因は、主として人体の外にあって病気の原因となるものであり、内因は、主として人体の中にあって、病気の原因になるものである。以上の範囲に入らない飲食、疲労、遺伝などを不内外因としている。

 

今回は内因について

病気の内因は、七情。病気の原因が外からではなく、自身の内部からくることから、内因という。

内因:七情

精神的な刺激を受けると・・・・

 七情とは、人間の精神活動の事で、喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の七つをいう。正常な状況では生理的な活動範囲にあるので、発病するにはいたらない。ただし、突然激しい精神的な痛手を受けたり、長期にわたって続いたりすると、生理活動で調節できる範囲を超えてしまい、体内の陰陽、気血、臓腑、の機能失調が引き起こされて病気になる。これを内傷ともいう。

 

 喜びは、意や気をなごやかにしたり、のびやかにしたりする。これは営衛が順調で健康である事の証拠であるが、喜びが過ぎると、神気を消耗させて心神を不安にする事がある。また、急激に喜んだり楽しんだりすることも心神に影響して病気を起こさせる。喜が過ぎると肺に影響するともいわれている。

 

 人は思う事ができなかったり、不条理な事に直面すると、怒ったり気が逆上したりするが、これが過度になると肝を傷つけるとされている。

 陰血が消耗すると肝火が盛んになり、刺激を受けるとすぐ反応する。だから、陰が欠けて火の盛んな人はすぐに怒りやすい。怒は肝臓に生じるだけでなく、他の臓器にも生じるのである。

 

 心が沈み鬱々(うつうつ)して楽しまない事をいう。憂の度が過ぎると気はのびない。肺は気をつかさどるので、気が閉じると肺が傷つけられ、ひいては脾をも傷つける事になる。

 

 意志の力で考える事をいう、もし思が過度になると、精神が影響され錯乱する事がある。過度の恐れ、不安、あせりは神を傷つけるといわれているから、脾の志が本来“思”ともされているので、別の面からいうと、思慮の過度もまた脾を傷つけるということである。

 

 悲は懊悩(おうのう)、哀切、苦しさから生まれるものである。悲によって内臓が傷つけられるものと、内臓が病変を起こしてあとに悲の症状が生まれるものとがある。

 

 恐怖心は精神が極度に緊張し起こる。この原因は多くは外界の刺激で起こるのが大半であるが、一方で腎気が欠けていたり、血気が不足していたり、精神不安の人がかかりやすい。“腎は志を蔵し、心は神を蔵す”により血が不足すると志が不足し、志が不足すれば恐れやすくなる。また、逆に、恐が腎を傷つける事もある。これは外界の刺激が強すぎて恐怖心が起こり、そのため内臓が傷つけられるからである。

 

 不意にある局面にぶつかって精神に極度の緊張が起こる事を驚という。例えば突然大きな物音を聞いたり、想像もつかなかったものに出くわしたりした場合で、恐とはおのずから区別される。驚を受ければ、神気が乱れ、感情が不安定になる。

図説東洋医学より参照

東洋医学は、2000年以上前からあります。

昔の人も今の人もストレスがあり、様々な症状に悩んでいたのがわかりますね。人のシステムは変わっていないようです。