カテゴリー別アーカイブ: 心身相関

完璧主義

完璧主義系の方に多いのが、

「まだ症状が残っている。良くなっていない。こんなんじゃまだ駄目」などと全然良くなっていないように訴える半面

「痛みが減った。もうひどくなりそうにない。前より寝れるようになっている。前より良くなっている」など肯定的な言葉を無意識に使う事が増えてきますが、症状に対しての考えが、全くなくならないと喜べない状態の思考パターンになって苦しんでいます。

良くなっている過程を喜ぶ方は、やはり良くなるのが早いです。

完璧主義が悪いわけではありません。貪欲に向上する気持ちがあるわけなのでいいことだと思います。

あっ、また完璧を目指しているなと気付くのも重要です。

また、ゴールに向かって一つ達成したらまだまだとすぐに思うではなく一度立ち止まってその時の達成感を味わう訓練も必要かなと思います。

そして、次を目指す!

喜ぶ事で脳内だけだなく全身で良い物質が出ていると思います。

考えたら腕に痛みが出た

頸部の後縦靭帯骨化症、椎間板ヘルニアと診断され腕や足に痛みが出る方を継続的に施術をさせてもらっている方がいます。

最近は、腕の症状を強く訴える事はありませんでした。それよりも耳鳴りなど他の部位に症状を訴えていました。

いつも脳の誤作動の施術をしていますが、今回は、考えている最中に腕に痛みが出ました。それも強烈な痛みだったようです。

ご本人も初体験で驚いていました。

後縦靭帯骨化症、椎間板ヘルニアで痛みが出ていない事を改めて痛感したと思います。と同時に後縦靭帯骨化症、椎間板ヘルニアに対して気が楽になったと思います。

内容的にも何となく普段から気にはしていたが目を反らしていた部分ででもとても重要なことでした。

この部分を深く深く何度も認知していければ症状だけでなく人間関係にも変化が現れると思います。

施術中、寝てしまう

施術中、寝てしまう方が、子供から大人の方まで何人かいらっしゃいました。

気持ちの良いマッサージで寝るならイメージしやすいと思いますが、

今回は、全員、脳の誤作動の施術中です。

誤作動している思考や記憶などを探すので特に気持ちが良いわけではありません。

深い部分に何か隠れていそうだったので質問してみると

見事、寝てしまいました。秒殺です!

自分でも意識的に寝ようと思っているわけではありません。

こういう事ってあります。

無意識で自分自身の目を反らしたくなる事だと思います。

時間が必要かもしれません。

ご自身の嫌な部分を見る準備ができたら探る事ができるはずです!

感想1

 

●西さんは結婚前、ご主人に紹介され来院されました。様々な症状に積極的にチャレンジしていきどんどん克服し結婚された印象があります。施術は、脳の誤作動を修正する心身条件反射療法を8割、アクティベータ療法を2割程の割合で行っていきました。
今では、ご主人と子供達と定期的に来院されます。子供の体調の変化が自分達夫婦の問題や個々の仕事の問題などが自分達に何か問題があるのではという事に気付かれ家族全員で施術を受けにきます。子供達の問題も解決したりご自分の問題も解決したりご主人も念願の夢をかなえています。仕事と育児を両立され夫婦関係も良好で子供達も健やかに成長されています。今後とも応援していきたいです!

知られたくない症状

心因性頻尿で困られている方が来院されました。

「人には話せない。誰にも知られたくない。」

と悩んでいました。

他にも振戦ジストニア、陰部の症状などでお困りの方からは、話しにくい、知られたくない、見られたくないなどとお聞きします。

施術に来院されるにも躊躇してしまう人も多いのではないのかなと思います。

症状を気にせずに過ごせるようにお手伝いしていきたいです。

 

 

今朝は、寒かったのですが富士山がとてもきれいに見えました(写真ではちょっとわかりずらいですね)。

走っていると患者さんとお会いしました。毎日約2時間色々な所を歩いているようです。年齢よりも若々しく元気に見えますね!

思い出していたら違う部位が痛くなった

ふとした動きで股関節~大腿部に痛みを感じる方です。

施術中、心身条件反射療法で考えてもらっていると急に腰の痛みを訴えました。「本当に考えたことで痛くなるんですね」とビックリした様子です。それも違う部位がです。

以前から体調が悪くなると当院へ通院されていましたが今回初めて考えたことで痛みを感じていました。

確かに初めてだとビックリするかもしれませんね。それも違う部位が痛くなったのだから相当驚いたと思います。

患者さん側からして見れば嫌な事かも知れませんが、私としては、原因である考え記憶が特定できる反応なので施術しやすいです。

今後、同じことを考えても症状が出ないようになれば症状改善に一歩前進です。

その後、主訴である股関節~大腿部に対してアクティベータ療法を行いました。

 

空気が澄んでいて気持ちが良いです!

心因性頻尿

近年、心因性頻尿と診断された方の来院が少しづつ増えています。

年代も小学生ぐらいから50代位の方位までが来院されています。

頻繁にトイレに行きたくなりトイレがない場所は不安のようです。

実際にトイレに行くと出たり出なかったりするようです。

 

脳の誤作動を調べていくと

トイレを見ると行きたくなる。

時計を見ると行きたくなる。

●●の場所に行くと行きたくなる。

乗り物に乗る前に行きたくなる。

会議や授業、テスト前などになると行きたくなる。

トイレのない場所へ行くと行きたくなる。

心配事があると行きたくなる。

など条件反射になっている事から

 

ストレスも関係していたり、ご自分でも普段思ってもいないような無意識下の反射もあります。また、疾病利得の様な事も関係している事があります。

 

実際には、漏らした事のない人が多いです。

漏らした事のない事実を知ることも重要ですね!

 

施術は、心身条件反射療法を利用し一つ一つ脳の誤作動を見つけ施術をする事とアクティベータメソッド(カイロプラクティック)で体への施術を行っています。

 

尿に囚われなくなると表情も言動も明るくなりますよね!

 

今日は約8キロ走りました。

今月は、23日に足立フレンドリーマラソンに出場します!

 

 

 

 

歯の痛み

噛むと右の奥歯が痛む。

歯医者さんでは、特に異常はないとのことです。

物を食べて噛むとズキーンと激痛です。

何もしていない時は痛みはなし。

 

私も以前、同じ様な症状になった事があります。

やはり歯医者さんで異常が見つかりませんでした。

その時、先生も「奥歯神経抜いてあるしな・・・様子見ましょう」って感じです。

 

経験的に顎の矯正だけより全体的に検査し矯正した方が良い場合が多いです。

最初はアクティベータ療法で全身に検査・矯正を行いました。

 

この方は、定期的に当院で施術をさせてもらっているのと普段から運動しているので良くなるのが早いと思います。

今回は、3日後に来て頂きましたが、7割程痛みが取れたようです。

 

今後は、アクティベータ療法と併用し脳の誤作動を検査・調整する心身条件反射療法を行う予定です。

今朝は、約11キロ走りました。

口内炎

口内炎がどんどん増える。隣同士の口内炎がくっつき大きくなる。薬をぬったり、栄養も捕るようにしたが2週間しても治る気配がないので来院されました。

今までに何度も経験されているようです。

私もこれ経験しています。それも何度も・・・。

食べる時はもちろん、何度も同じところを噛んだり、何もしなくても痛い時もありました。本当に痛いんですよね。

 

初回は、筋肉や関節、筋膜への矯正以外にも内臓への矯正も行いました。

口内炎が増えているので自然治癒力が衰えています。次回からは、ストレス、感情、考え方、痛みの記憶など色々検査・調整が必要そうですね。