命の回数券 テロメア

私たちの細胞の中にある染色体の端に「テロメア」と呼ばれている部分があります。

細胞分裂を繰り返すたびに短くなり老化と深い関わりを持つと考えられてきました。

今、このテロメアの長さを伸ばして老化を遅らせ、がんなどの病も防ごうという研究が進んでいます。


テロメアを短くする原因:心理的なストレス

ストレスは様々な症状だけでなく、細胞の寿命にも関係しています。


「友達の数で寿命はきまる」予防医学研究者・医学博士 石川善樹 著書から

細胞の寿命を決めている要素の一つが、染色体の末端にあるテロメアという構造。細胞分裂するたびにテロメアは短くなり、ある程度短くなると細胞分裂が起こらなくなります。このためテロメアは「命の回数券」という異名を持ちます。

テロメアと、テロメアを伸ばすテロメアーゼという酵素の研究で2009年にノーベル生理学・医学賞を受賞したカリフォルニア大学サンフランシスコ校のエリザベス・ブラックバーン教授らは、50人を対象にストレス反応とテロメアとの関わりを調べました。

その結果、「人前で話をする」といったストレスフルな状況に自らが置かれたと想像するだけで、実際にストレスフルな状況に置かれなくても、テロメアが短くなって細胞の寿命が縮むことがわかったのです。


テロメアをのばす事ができる!

テロメラーゼは、テロメアが短くなるのを遅らせたり、さらに伸ばしたりする働きもあり、細胞を若返らせる可能性が出てきたそうです。

今、どうすればテロメラーゼを増やし、テロメアを伸ばすことができるのか、研究からわかった事は

めい想、運動、食事、人間関係などがテロメアを伸ばす鍵です。

これらの事は、様々な症状と同じ事ですよね。

 

詳しくは、クローズアップ現代を

ご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です